生きにくさを抱える若者のための「暮らしの学校」・農楽 の〜ら : 兵庫県豊岡市出石町
兵庫県豊岡市 の〜ら 
の〜ら連絡先アクセス
  • SALUD
 
暮らしの学校 農楽 のーら
 
ご利用希望のみなさまへ
 
運営主体概要
会員募集

 大学を出てさえも思い通りの就職が叶わない世の中になってきました。まして、見た目にわかりにくい障害や困難を抱えている、ちょっと不器用な若者にとって、就労は一つの大きな壁です。いったん就労が叶っても、不適応を起こして引きこもりがちになってしまうこともあるようです。
 
  「農楽(の〜ら)」は、せめて自分で食べものを産み出せるようになれば安心して先立てるのではないか、一人では難しくても仲間や指導者がいればできることがあるのではないかという親心から発想した「暮らしの学校」です。
 
  目標は、この子たちが地域の担い手としてしぶとく生き抜けるようにしていくこと。
 
  の〜らは、そのために本人が学び、成長する場であり、周囲や社会も変わっていくように働きかけていく主体でもあります。
 
  農業の学校ではありませんが、自ら大地と格闘して食べものを産み出す経験は、将来より安定的な社会生活を送るための「基礎体力」となるはず。そのうえで、できることを積み重ね、地域の担い手として穏やかに生きていける土台を作っていきたいと考えています。
 
  の〜らが対象としているのは、効率最優先の世の中で生きていくのが特に苦手な人たちですが、行きすぎた競争社会は他の多くの人にとっても生きにくい世の中であるはずです。あえて最短距離を目指さず、プロセスを楽しみながら、コウノトリや自然と「折り合いを付ける」生き方を実践している豊岡ならではの活動・発信を行い、すべての人が生きやすい社会づくりに貢献していきたいと考えます。

(代表 木村尚子)

 の〜らを運営している特定非営利活動法人ダーナは、「相手を支えることで自分の人生も豊かに膨らむような共存共栄社会の実現」を目指して、2002年4月に設立されました。

 認知症高齢者のための単独型グループホームを運営する一方、障害者本人や家族などがテープ起こしなどの仕事の受注を核に社会的な力をつけていくことを目的とした「えんぱわぁネット」の設立・運営に協力するなど、社会的に弱い立場に置かれている人々のエンパワーメントも支援しています。

※「ダーナ」とは、「施し」を意味する仏教用語です。

所在地:
兵庫県豊岡市寿町2-16
理事長: 西池 匡
事業所: 認知症高齢者グループホーム アネシス
(豊岡市寿町 平成14年7月1日設立)
認知症高齢者グループホーム くりあん
(豊岡市大磯町 平成18年2月15日設立)


特定非営利活動法人ダーナ  
特定非営利活動法人ダーナ Copylight(c) DANA. All Rights Reserved.